HOME » 納骨堂が選ばれる理由 » 【保存版】納骨堂の費用相場のあれこれ

【保存版】納骨堂の費用相場のあれこれ

最近、安価で気軽に納骨ができる納骨堂が人気を集めていますが、実際に納骨堂にかかる費用とはどのくらいなのでしょうか。実際に納骨する段階で、「予想よりも高くなった」ということがないように、納骨堂にかかる費用について知っておきましょう。

納骨堂で供養をするための費用について

まず、納骨堂で供養をするときに必要となる費用についてです。

中には、時と場合によって必要となる費用もご紹介していますが、必要となる可能性のある費用についてはすべて解説しています。

永代供養費

相場:約10~100万円以上

永代供養費は納骨堂での供養のメインとなる費用で、寺院などに代わりに遺骨を管理してもらうことに対する費用です。永代供養費は利用する骨壷や寺院によって大きく異なりますが、永代供養墓の種類による費用の違いは次の通りとなります。

永代供養墓の種類 金額の相場
位牌式 5~10万円前後
ロッカー式納骨堂 10~20万円前後
仏壇式 30~100万円前後
自動搬送式・機械式 50~100万円前後
墓石式 100万円以上

ロッカー式と呼ばれるコインロッカーのような永代供養墓はかなり安価ですが、外観などのランクが上がり、納骨堂としての利便性が増していくごとに価格は上がります。

管理費・年会費

相場:年間1万円程度

管理費、年会費、年間管理費などと呼ばれる費用で、永代供養の時に永代使用料のみを支払って、残額を管理費として支払う形式の場合に必要となる費用です。つまり、寺院によっては永代供養費の中に含まれていることもあるでしょう。

年額になるので毎年支払わなければなりませんが、年間1万円程度が相場となっているので、33回忌までの供養としても高すぎる金額ではありません。

納骨法要

相場:3~10万円程度

納骨法要は遺骨を納骨堂に納める時に、宗教的儀式を執り行うための費用です。納骨法要にかかる費用は、すべて僧侶への御布施となります。

3~10万円というと幅が広いですが、この金額差は開眼供養を行うかどうかで変わります。開眼供養を行わない場合は3~5万円程度、行う場合は10万円程度を包むべきだと言われています。

施設使用料

相場:1~5万円程度

施設使用料は納骨法要を行う場所によっては必要となります。霊園、寺院などの施設を利用して執り行う場合は、施設使用料も計算に含めておきましょう。

刻字料

相場:3万円程度

刻字料は一般的に永代供養料の中に含まれていますが、稀に別の費用となっている場合もあります。銘板などに戒名や法名を刻字するための費用です。

戒名料

相場:10~100万円程度

戒名をつけてもらう場合に必要となる費用なので、つけない場合は必要ありません。

戒名料は宗派や戒名のランクによって金額が異なりますが、そのランクは僧侶によって決定されるので、どの程度の費用になるか事前に知ることはできません。

ただし、戒名料は御布施となるので、詳細な費用が請求されるわけではなく、遺族の気持ちを反映した金額となります。

納骨後に必要になる費用について

納骨堂に遺骨を納めてもその後も法要に関する行事は続くので、その都度費用が必要となります。納骨して後は一切何もないということはありませんので、その後の行事に伴う費用も含めて準備をしておきましょう。

御布施

相場:5,000~5万円程度

法要を執り行うときに同席してもらう僧侶への御布施で、決められた金額があるわけではありませんが、一般的には法要ごとに次のような金額が支払われます。

法要の種類 御布施の相場
命日法要 5,000~1万円程度
四十九日法要 3~5万円程度
一周忌法要 3~5万円程度
三周忌法要 1~5万円程度

三周忌法要以降の御布施の金額は変わることなく、その後はずっと1~5万円程度が相場となっています。ただし、浄土宗や浄土真宗の場合は、33回忌での御布施の相場は3万円前後が一般的だとされているので、宗派による違いにも注意して下さい。

施設使用料

相場:1~5万円程度

施設使用料は、納骨を行うときにも必要となった費用ですが、同じく寺院や霊園、葬儀社などで法要を執り行う場合に必要となります。施設使用料は利用する施設によって異なるので、法要の前に予め問い合わせておくようにしましょう。

また、納骨堂によっては会場を準備してくれることもありますが、その場合でも施設使用料は必要となることがほとんどです。

納骨堂の費用はすべて料金に含まれていることも

納骨堂は墓石を持つことに比べると格段に安価ですが、やはり様々な費用が必要になることに違いはなく、ある調査によると、必要な費用の平均は約98万5千円になったと報告されています。

出典:株式会社鎌倉新書 いいお墓:「第9回 お墓の消費者全国実態調査」サマリー

ただし、納骨堂によってはほとんどの費用が料金の中に含まれている場合もあり、そのような場合であれば、平均費用の約半額程度で納骨が行えることもあるでしょう。納骨堂を利用する際には、その他にどのような費用が必要になるのかを考えて比較検討することが大切です。