HOME » 納骨堂が選ばれる理由 » 費用とアクセス

費用とアクセス

このぺージでは、納骨堂が選ばれている理由を、費用とアクセス面から考察してみました。

納骨堂なら、費用の負担を軽減できる

お墓を購入する場合、

  • 墓石の費用
  • 土地の永代使用料
  • 管理費

がかかります。墓石の平均価格だけでも150万円といいますから、かなりの出費です。

また永代使用料は、文字通り土地を使用する権利のための料金で、土地そのものの購入代金ではありません。こちらの相場も50万円程度と、まとまった金額になるので、引越しに伴い、お墓を移動する、というわけにもいかなくなります。特に東京は土地が少ないうえに高額なので、新たにお墓を購入する負担は大きくなるばかり。地方都市とでは、数十万円の価格差が生じてしまいます。

その点納骨堂は、利用料、永代供養料込みで50万円以下、というところが数多くあるので、遺族の金銭的な負担は、ぐっと軽減されるのです。

お墓参りを身近にする納骨堂

納骨堂が選ばれる理由として無視できないのは、アクセスの簡便さです。親は亡くなったが、先祖代々の墓は地方にあり、簡単にお参りへ赴けない。もちろん手入れもできないので、お墓は荒れ放題……。ならば近親者の遺骨だけでも、自分の拠点のそばに置いておきたい、と考える人が増えています。

納骨堂は都内にも数多く存在するし、駅から近いところがほとんど。命日や記念日ごとに、気楽に赴くことができます。お墓参りが日常の習慣として、身近になるのがうれしいですね。