HOME » 東京でおすすめの納骨堂一覧 » 早稲田納骨堂

早稲田納骨堂

このページでは、東京の納骨堂「早稲田納骨堂」を紹介しています。

住職が維持管理を行う東京の納骨堂、早稲田納骨堂 

早稲田納骨堂は、浄土真宗大谷派龍善寺によって運営されている納骨堂になります。370年の歴史がある浄土真宗のお寺で、本尊は文化財にも指定されています。

住職さん自らが供養、維持管理を行っており、33回忌を過ぎても永代供養が可能です。その場合は永代供養墓合葬区画に埋葬され、歴代の住職さんが毎日お参りをしてくれます。

思い出の写真を眺めながら、個室でゆっくりお参り

早稲田納骨堂には、お参り専用の部屋が4つ用意されています。扉がついており、個室状態にすることができるので、お骨とゆっくり対面することができます

室内にはタッチパネルの操作画面と液晶モニターが設置されており、故人の思い出写真や動画を映し出すことができます(オプション申し込みが別途必要)。また志が必要になりますが、特別参拝として遺骨を祭壇の下に手で運んでもらうことも可能です。

都内で一番安い料金設定

契約形式については、檀家、信徒、一般の三種類があり、特に宗派を意識しなくても申し込みをすることができるようです。

分骨で1人あたり18万円(年間管理費4.800円)、家族で48万円(年間管理費9.500円。こちらは6人分程度の骨が収められる「家代々の箱」単位の契約も可)と、都内でも有数のリーズナブルなプランが組まれています。

 <DATA>
住所:東京都新宿区早稲田町77
営業時間:9~17時
定休日:なし
アクセス:地下鉄早稲田駅より徒歩2分