HOME » 東京でおすすめの納骨堂一覧 » 大信寺 納骨堂

大信寺 納骨堂

ここでは、大信寺・納骨堂の利用費用や特徴について説明します。

「一人一墓」がコンセプト。東京・港区にある大信寺の納骨堂

慶長16年(1611年)に開かれた浄土真宗のお寺、大信寺は「三味線寺」という別名でも呼ばれています。三味線製作の始祖と呼ばれる、石村源左衛門が葬られており、石村家代々の墓があることから、この別名がついたそうです。

宗旨・宗派は問わず、また、仏教徒でなくても利用できます。ただし、儀式行事や法事などの一切は、大信寺(浄土真宗)の儀礼に則って行われます。

遺骨は納骨堂へ納められる前に、住職が供養すると共に約2週間かけて、パウダー状になるまで砕きます。その後、お墓・位牌を模した容器に入れられ、納骨されます。以後6年間(7回忌まで)は納骨堂内に安置され、以降は更新がなければ、合祀・永代供養されます。

お参りをするときは、遺骨が礼拝堂まで運ばれてくるので、遺骨と向き合うことができます。お線香は用意されているので、手ぶらでもお参りが可能です。

使用期間の更新もできる料金プラン

大信寺・納骨堂の料金プラン(基本契約)には、戒名料・合同供養費・永代供養費などが含まれています。一式20万円で、永代供養まで約束されるのは、非常に魅力的です。ただ、お盆供養や個別法要の費用は含まれていないので、その際は別途支払いが必要です。

基本期間の満了時に更新する場合は、年間2万3000円を、初回の契約時に、7回忌以降も個別安置を希望する場合は、年間1万8000円を、それぞれの希望年数にあわせて支払うことで、個別に安置・供養されます。

基本料金に戒名料が含まれていますが、既に戒名を持っている場合は、付け直す必要がありません。

年1回、契約者を対象としたイベントも行われています。契約者同士の交流の輪を広げるために、過去にはクルージングや陶芸体験・仏像制作が行われたようです。

<DATA>
住所:東京都港区三田4-7-20
営業時間:9時30分~16時30分
定休日:なし
アクセス:都営地下鉄浅草線・京急本線「泉岳寺」駅から徒歩8分
東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪」駅から徒歩2分