HOME » お墓から納骨堂へ遺骨を移動させるには » 必要な手続き

必要な手続き

ここでは、お墓の移動に必要な、手続きについて説明します。

お墓の移動にはどんな手続きが必要?

移転の手続きをとる前に、「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)について目を通しておくと、役立ちます。

移転手続きの一例

お墓がある自治体や、移転先の納骨堂によって違うので、大まかな手順を説明します。 

  1. 納骨堂を購入します。
  2. 移転先の納骨堂で「受入証明書(永代使用許可書)」を発行してもらいます。(地域によっては除籍抄本が必要です)
  3. いまの墓地で「埋葬証明書(納骨証明書)」を発行してもらいます。
  4. お墓がある市町村で「改葬許可申請書」の申請をして、「受入証明書」と「埋葬証明書」を提出し、「改葬許可証」を交付してもらいます。
  5. 改葬許可証」を提示して遺骨を移動させます。
  6. もとのお墓があった場所を、更地に戻して返却します。

2~4で発行・交付してもらう書類は、遺骨1体につき、1通必要です。

お寺からお墓を移動させる場合は、墓石から仏心を抜いて、ただの石に戻す「閉眼供養(お魂抜き)」という儀式を行います。納骨堂に遺骨を収納する際には、「納骨供養」と「開眼供養(お魂入れ)」という法要を行います。

いまのお墓が土葬だった場合、年月が経っていると、遺骨が風化してなくなっていることがあります。そのようなときは、お墓の土を少し(両手の平ですくえるほど)とって、遺骨の代わりとするそうです。

お墓移転の注意点

上に挙げた手続きを始める前に、いまの墓地へ事情を説明しなければいけません。特に、お墓をお寺から移動させる場合には、よく理解してもらった上で、トラブルを起こさないよう、話を進めていくことがとても大切です。

事前に相談もなく、一方的に手続きを進めてしまうと、高額な離壇料を請求されるケースもあるようです。また、(2)で述べたように、墓地の管理者に署名・捺印入りの埋葬証明書を発行してもらわなければいけないので、移転の理由を冷静かつ誠実に伝えましょう。

移転させるお墓が先祖代々の墓であれば、親族にも同様に説明が必要です。

納骨堂の運営元がお寺だった場合、そのお寺の宗旨・宗派に属する必要があったり、戒名の付け直しが必要だったりします。戒名を付け直した場合は戒名料も発生します。

納骨堂へお墓の移転を考える際に、一番注意しておきたいことは「安心して供養を任せられるかどうか」という点です。実際に見学するときに、供養に対する考え方や、供養のタイミングなどを質問し、その質問に対してどんな答えをくれるか、などを基準に判断するといいでしょう。