HOME » お墓から納骨堂へ遺骨を移動させるには

お墓から納骨堂へ遺骨を移動させるには

ここではお墓の引っ越しである「改葬」について説明します。

お墓を移す「改葬」とはなにか

家と同様に、お墓も引っ越すことができます。改葬をする理由には

  • お墓が遠い」「交通の便が悪い」などアクセスの問題
  • 年に何度もお墓参りできず、荒れてしまう」というメンテナンスの不安
  • 子どもが継いでくれるのか」という継承の不安

といったものが挙げられます。

更には宗旨変えをした場合や、特定の故人の遺骨を移すときにも、改葬は行われています。

どんな手続きが必要?

改葬する前に、必ずいまの墓地へ事情を説明します。墓地の管理者にとってみれば、利用者が減ることになるからです。お寺のお墓から改葬する場合、お寺は檀家を失うことにもなるので、丁寧に相談しましょう。

「自分の家だから」といって、自分勝手に引っ越すことができないのと同じように、お墓も勝手に移転させることはできません。

墓地、埋葬に関する法律」では改葬を行う際には、市町村長の許可が必要、とされています。

費用はいくらかかる?

数年前の新聞記事によると、新しい墓石の購入費用も含めて、200万円~300万円かかるようです。いまの墓地に支払うものと、納骨堂に支払うものとがあります。どのような費用が必要なのか、移転の手続きをとる前に、いまの墓地と納骨堂にそれぞれ確認しましょう。

手続きに必要な、許可証の発行手数料などのように、必ず発生する、細かい出費がある一方で、場合によっては、支払う必要がないものもあります。

なお、いまの墓地に支払った永代使用料などは、多くの場合、返還されません。