HOME » 納骨堂とは?知っておきたい基礎知識 » 納骨堂の種類

納骨堂の種類

このページでは、納骨堂の種類についてまとめています。

運営元で見る納骨堂の種類

納骨堂は、運営元によって3つの種類があります。

  • 寺院による運営…寺院内に納骨堂を設けており、供養や法要、そして維持管理まで、住職をはじめとする僧侶が担当します。檀家になる必要はない場合がほとんどで、納骨後に寄付金、お布施などを求められることはありません。ただ、納骨後は寺院の宗旨宗派によって供養されることが多いようです
  • 民営…運営主体は寺院が行っているため、供養や法要、そして維持管理は寺院の人間によって行われます。民間の会社が担当するのは広告、販売面で、場所によっては受付業務などに人材が派遣されている場合もあります
  • 公営…自治体によって建立された霊園に設けられているケースが多く、料金は割安ですが、倍率が高く、抽選に通らなければ利用できません

現在のところ、寺院による運営の納骨堂が最も多いようです。お寺ですから、法要をお任せすることもできるし、手厚く供養をしてもらえるので、何かと安心ですよね。

納骨法で見る納骨堂の種類

次に、納骨法による納骨堂の種類を紹介します。

ロッカー式

納骨堂では、最も一般的なかたちの納骨法です。ロッカーのような納骨檀に遺骨が納められています。ロッカー式というとシステマティックで好ましくない印象を受ける方もいるかもしれませんが、コインロッカーのように味気ない棚ではなく、適度な装飾を施した、落ち着いた雰囲気の納骨棚を設けている納骨堂も、数多くあります。

お参りするときは、棚の扉を開けてお参りする場合もあれば、別の場所に設けてあるご本尊まで遺骨を移動し、お線香を上げる場合もあります。

仏壇式

納骨スペースに、仏壇が並んでいるといえば、イメージしやすいかもしれません。上段に位牌を安置し、下段に遺骨を納めるかたちになっています。お参りは基本的に仏壇に向かって行います。遺影や花を飾ったり、記念品などを納められるところもあります。

墓石式

納骨スペース内に、お墓が並んでいます。雰囲気は一般の墓地に近いため、納骨堂ではなく、室内墓地と呼ばれることも。お墓を洗うなどの手入れが可能な場所もあります。墓石代や永代使用料が必要になるので、費用は割高です。

機械式

納骨室とは別に設けられて参拝のお部屋で、お参りができる納骨堂。プライバシーが保たれ、いつでも気持ちよくお骨と対面できます。納骨室は地下などに設けられており、お骨は機械によって参拝の部屋まで運ばれます。機械の操作は、専用のカードやタッチパネルによって行えます。

ひと口に納骨堂といっても、さまざまな種類があることがお分かりいただけたのではないかと思います。故人の方が最も喜ばれるのはどんな種類か、また生前準備を行うなら、どんな種類の納骨堂を利用したいか、じっくりと考え、最適の納骨堂を見つけてください。