HOME » 納骨堂とは?知っておきたい基礎知識 » 永代供養とは

永代供養とは

このページでは、納骨堂の永代供養を、お墓の永代供養と比較しながら説明しています。

お墓の永代供養

永代供養とは、遺骨を管理、供養してもらうということ。納骨堂だけでなく、お墓でも行われているシステムで、いずれにも一定の料金が発生します。

基本的には故人ひとりにつき、33回忌や50回忌までの期間、供養を請け負うケースがほとんど。その後遺骨は土に返し、共同墓地に合祀するのが原則です。しかし後継者がいる限りは、遺骨はお墓に納め続けることができます。子孫代々に墓地を受け継がせ、供養をし続けてもらうのが、これまでのお墓のあり方でした。

しかし現代は、伝統的な家族制度の変容や、少子化などの影響で、お墓の後継者不足が懸念されるようになりました。また地方に在住している人の場合、子供がいても遠く離れた場所に暮らしているため、滅多にお墓参りができないというケースも、少なくありません。せっかくお墓があっても、誰もお参りに行けないのでは意味がないのではないでしょうか。

またお墓を立てる時は、その場所を永代に渡って使用するという意味で、「永代使用権」というものを取得しなければなりません。これには永代供養と別の費用がかかります。つまり不便なうえにお金がかかるので、お墓の永代供養に価値を見出さなくなっている人が、増えているのです。

納骨堂の永代供養

納骨堂で行われている永代供養も、基本的にはお墓と遜色ないもので、月1回の供養や、命日の法要などを行ってもらうことができます。寺院などの納骨堂では、故人命日の月の決められた日に、合同の供養を行う場所もあり、たくさんの遺族が集まって、交流が生まれることもあるようです。

お墓と違い永代使用料はかかりませんから、費用面もグッとシンプルになります。後継者のさまざまな負担を軽減する納骨堂の永代供養は、今後ますます普及していくに違いありません。